Kiln

The kiln at Ogami is an anagama with the interior dimensions of 274cm from door to flue, 160cm wide and 120cm high, stepping up to a height of  70cm at the flue. It is fired two or three times a year for up to seven days. The chimney was rebuilt in 2014. Pictures of that process can be viewed on the 'Upcoming and recent' page.

大上窯は穴窯で、内部の大きさはドアから煙道まで274cm、幅160cm、高さ120cm、煙道までは70cm高くなっていきます。一年間に2、3回、七日間かけて窯焚きをします。煙突は2014年に再築しました。そのプロセスは、”Upcoming and recent"のページでご覧いただけます。

New Kiln

We built a new smaller kiln off the back of the chimney. It was part of kiln building workshop led by John Bradford. 

新しく小さい窯を、煙突の後ろに築きました。ジョン・ブラッドフォード氏によるワークショップの一部で、築きました。